2012年05月16日

今日はお誕生日

ヴァナ・ディールのお誕生日です。
10年前の5月16日にヴァナ・ディールは生まれたんですね。
おめでとうございます!なっちです。


1.jpg
あたしが冒険者になったのは2005年の7月1日。
冒険をはじめたのが7月2日。
2002年にサービス開始ってことなので、ほぼ3年後だったんですね。
気にしたことも無かった。

プロマシアの呪縛までが入ったのをどこで購入したんだっけなぁ。
地元のジョーシンかしら?忘れちゃったなぁ。
初めての家PCで、買うときに店員さんにFF11をプレイしたいんです。って言うたなぁ。
あんまり今と変らないな、あたし。
ダウンロードやらインストールやらヴァージョンアップとか、もう意味がわかんなくて
泣きそうになりながら妹を常時隣に配備して、いちいち全部聞きながら確認しながらの作業だった。
ビス鯖で始めることを決めてて、今は必要の無くなったワールドパスってのをもらって
でも、ワールドパスをどこで使うのかもわかんなくて
あたふたしながらパスをくれた人にmailして迷惑かけたなぁ。
確かその日、その人は浴衣を着て外出してた。
変なこと、よく覚えてるなぁ。
2.jpg
きりがいい日に始めたい!とか思って7月1日から始めるぞー!って張り切ってたんだけど
仕事終わってから始めたインストールやらヴァージョンアップで結局その日はログイン出来ず…
次の日帰宅してから始めたんだよね。
ウィンダス水の区の目の院のところだったかな、最初に見た景色。
11.jpg
PCとNPCの区別ももちろんわかんなくて、怖かった。
妹はそこら辺の人みんなタゲって、どんどん話しかけろって隣でいうんだけど
ねーちゃんはビビって嫌だ嫌だを連発して、ただただそこらを歩いてた。
途中であきれて隣から妹が居なくなったことにも気がつかないで。
わくわくしたなぁ。

17.jpg
「男ばっかりなんだよね…それでもいい?」
何度か確認されて渡されたDandyHouseのパール。
リンクシェルとかも何もかも意味がわからないけど、それをつければ「?」が隠れて丸っこいのがあたしの名前の前にもつくんだ!って思った。
その頃フレさんはプロマシアミッションを違うパールをつけて頑張ってた時期だったから、LSに人は居なかった。
初心者がひとりだけのパールをつけてた。
今考えると笑っちゃうけど、あたしはそれだけで安心できた。
DHのみんながプロマシアでログインしなくなった時期に、あたしはFFを始めてたなんて、知る由も無かったしね。

4.jpg
最初の頃、フレになった人たちはMixiつながりだった。
ヴァナで会ったことが無い人がフレになってた。
毎日サルタでクロウラーを追いかけるのが日課だったあたしに会いに来てくれたフレさん達。
思い出すとみんな色んな方向から走ってきてた。
タゲられて/pokeされて、ホントにいたwって言われた。
サルタを走り回って探してくれてたんだよなぁって思うと、嬉しかった。

3.jpg
あの頃初心者って、珍しかったのかなぁ。
みんな、ホントによくしてくれた。
知らない人や知らない場所がとにかく怖いあたしを色んな場所へ連れ出して、色んな人に紹介してくれた。
そうやって、あたしは色んな人と知り合って、お話もできるようになっていった。
レベルが上がると装備がポストに送られて、それに着替えられるのが嬉しかった。
でも、ホント、甘やかされて育ったと思う。
申し訳ないなぁと思うようになった頃、言われた。
12.jpg

次はなっちがそうやって新しい人に優しくしてあげたらそれでいい。

18.jpg
この言葉は本当に優しい。
優しさの連鎖をずっと続けていくんだよ、と教えられた。
9.jpg
SSを撮ることを教えてもらったのはいつだったろう。
撮影したSSがどこにあるかもわからなくて、最初の頃はどんどん消えていってた。
保存方法もわからなくて、自分で考えたのが自分のPCにmailで送信するというもの。
なのでフォルダにFFってのがある。
残っている一番古いのが2005年9月11日。撮影方法とか教わった日かな?
14.jpg
たまにSSって残酷なことがある。
もう会えない人がいる。
ぐわぁっとその頃に連れて行かれる。
気持ちも、奥底にしまっておいたはずのその頃の気持ちが一気にあふれ出す。
あふれ出してもどうしようもないのに。
でも、無いよりあったほうがいいな、って思う。
どんなに残酷でも、思い出は宝物。
6.jpg
黒魔道士を白のサポで上げていたとき
白が楽しくなってきた頃に、サポ割れはダメ、ゼッタイ!って
背中を押されて始めた黒上げ。
MBのタイミングも種類も意味もわからぬまま野良PTに参加する日々
連携?何のことかわからず質問すると誰の返事も無かったり
ちゃんと前衛さんに聞いてごらん、とLSからの声
緊張でわーわー!ってなってMB出来なかったり、何かもう辛くなってた
とどめの一言【黒魔道士】【かえれ】
外人さん混じりのPTで真っ先にレベルが上がったあたしに定型文書の文字が飛んできた
そこから先のことはあんまり覚えてない。
クフィムだった。
どうだなっち、ちょっとは慣れてきたかー?
っていうLS会話を見て一気に涙が流れて気がついたらPTは終わってて
クフィムにLSメンが数人、駆けつけてた。
今度そんなこと言われたらデジョンして帰って来い!
うちのお兄様方は、とことん優しかった。
でも、そこから半年ぐらい、あたしは野良PTにも、レベル上げにも行かなかった。
ずっとサンドリアでクエストをして、合成をする毎日を送った。
5.jpg

13.jpg
「なっちは愛されてんなーw」
熱心にレベル上げに誘ってくれたフレさんの一言。
半年以上振りのレベル上げ中で必死なあたしは気付いてなかった。
あたしの背中のずっと遠くから、LSメンが見ていることを。
また泣き出すんじゃないかって、心配してくれてた。
どーりでLS会話が静かなわけだ…
今度は違う涙でログが見えなくなったあの日、アルテパのあたし。
10.jpg

悲しいことがあっても
必ず優しい人がそこに居て
あたしを癒し続けてくれたヴァナ・ディール。
15.jpg
10年目のお祝いに、色々思い出して探してみたらやっぱりそこにたどり着いた。
16.jpg
四季が巡り、フレと走り、たまに愚痴り
それでもそこにあり続けてくれた10年目のヴァナ・ディールに感謝する日になりそうだ。

出会えたことに、感謝してます、ヴァナ・ディール。
おめでとう、10年目のステキな日。
みんなみーんな、大好きな宝物。
posted by なっち | 富山 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
プルゴノルゴのオン会、なつかしすー!( ̄▽ ̄〃
Posted by ささ
★ささやん★
 ねーっ!めっちゃ懐かしいよねww
 きっと緊張して全然お話なぞしていなかったと思われます[balloon_129]
Posted by なっち
読んでて涙出そうになりました。
なっちんの文で、いろんなことを思い出したような…
鮮明に思い出せないことだらけで悔しいような…
いろんな気持ちでごっちゃまぜw

でもヴァナに巡り会えたのは幸せ。
これだけは絶対!

10周年おめでとう☆ありがとう☆だね(*´∇`)
Posted by あに
☆あにぃ☆
 ありがとう。
 あたしとあにぃが会えたのもヴァナのおかげ。
 嬉しいね、ありがとぅだね[balloon_28]
Posted by なっち
あー・・・

何だろう・・・

初心者の頃を思い出したわ・・・私も

懐かしいなぁって考えた。

なんか泣けてきた。スマン。。

泣く。゚(゚´Д`゚)゚。
Posted by Raphis
☆らふぃたん☆
 (´∇`)ええねんで
Posted by なっち
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック